新入社員は実施しがち!絶対に行ってはいけない研修マナー

いい加減な気持ちで参加しない事

新入社員は学生の気持ちが抜けていなくて、いい加減な気持ちで参加してしまう事が多いんですよね。会社や企業が何故新入社員に対して、研修を実施するのかよく考えないといけないですね。そしてその気持ちに応えられるように気持ちを引き締めて研修を受ける事が凄く大切なんですよ。いい加減な気持ちで参加してしまうと重要な話を聞き逃してしまったり、能力を高める事ができないので、しっかりと気持ちを高めて参加しなくてはいけないですね。

睡眠を取ってしまう事

新入社員に多く見られる現象としては、睡眠を取ってしまう事が凄く多いんですよね。研修で座学がずっと続いてしまうと確かに辛いかもしれません。しかし仕事をする上で欠かす事ができない研修を行っているので、絶対に睡眠を取らないように気を付けてもらいたいです。眠気を覚ます為には、前の日にしっかりと睡眠を摂取したり、昼食は適度に抑えるなどの工夫が必要ですね。特に昼食後は眠くなりやすいので、研修に参加する時はきをつけてもらいたいです。

筆記用具を忘れてしまう事

これまでの学生生活の場合には、筆記用具を忘れてしまってもいいケースがあるかもしれません。しかし社会人として活躍していく為には、常に筆記用具を準備して、大切な話をしっかりと書き込まないといけないですよ。先輩や上司に重要な話をそう何度も聞く事は出来ないからなんですよね。筆記用具を準備して、大切な話を逃さないように自分なりの工夫を行う事が大切です。習慣づけしておく事で何時でも大切な話を忘れないくせを付ける事も可能になる為、必見の方法ですね。

社員研修では、先輩社員や外部講師などによる話を通して知識や心構えを伝えられるため、社員のモチベーションアップに大変役立ちます。