マナーは大切!自分で出来るネット誹謗中傷予防

酔っているときはなるべくネットを利用しない

お酒を飲んで、酔っているときは気持ちも大きくなってしまいがちですよね。酔った状態でネットを利用していると、自分の発言をうまくコントロールできないことも多いんです。小さなトラブルが誹謗中傷へ発展してしまう恐れも考えられます。そのため、予防としては、お酒を飲んだときはなるべくネットを利用しない、というのが得策でしょう。ちょっと大げさな対策に感じるかもしれませんが、トラブルを確実に防ぐためと考えてみてください。

間違った発言をしたときは素直に謝る

ネット上でメッセージをやり取りしていると、相手の顔が見えないこともあり、つい自分の発言が正しいと思い込んでしまうものです。あとから冷静に考えてみると、自分の発言が間違っていたと気がつくこともあるでしょう。そこでポイントとなるのが、間違いに気がついたときは素直に謝る、ということなんです。間違いに気がついたのにそのままにしておくと、相手との距離もますます遠くなり、和解することも難しくなってしまうでしょう。

誤字脱字に気をつける

ネットを利用していると、意外とやってしまうのが誤字脱字ですよね。こちらに悪気はなくても、相手には悪い印象を与えてしまっている場合もあるでしょう。基本的なことではありますが、メッセージを送信する前にもう一度読み直してみる、ということが大事なんです。メッセージを書いているときは、なかなか誤字脱字には気がつかないものですよね。つい忘れてしまいがちですが、書き終わったメッセージは送る前に一通りチェックしておきましょう。

ホームページを制作する場合、サジェスト対策をすることによって、アクセス数を大幅に伸ばすことが可能です。